活用事例

えびせんべいの原料を性状の変化にも影響されず、液ダレなく高精度に充填し、不良率を大幅に低減したケース

高い充填精度で不良率を低減し、作業効率の向上にも貢献しました。

液名
えびせんべいの原料
業界
食品

現状の課題および要望

既設の充填装置で焼成機の鉄板にえびせんべいの原料を充填している。原料の固形分や液性が日々微妙に変化することや、液切れの悪さで、充填量にばらつきがでてしまう。そのためプレス後の仕上がりが規定の寸法にならず、不良品が発生してしまう。作業者が鉄板上で充填量を頻繁に調整しているが、手間がかかるため作業効率が悪い。


解決方法および改善メリット

液性の変化に影響されにくく、液切れの良いヘイシンディスペンサーNVDL型を採用した。また、既存スペースに設置できるよう、焼成機の鉄板形状に合わせた2分岐ノズルを設計・製作した。

  • 充填量が安定したため、不良品発生率が大幅に低減し、コストダウンにつながった。
  • 充填量の調整作業もほとんど不要になり、作業効率と安全性が向上した。
  • 品種替えなどで充填量を変更する場合もコントローラーの操作だけで簡単に行えるので、段取り時間を短縮できた。

ヘイシンディスペンサーを使用した充填の説明図

ページの先頭へ