活用事例

液卵を液ダレなく均一に充填し、品質向上に貢献したケース

定量性が高く液切れのよいヘイシンディスペンサーで品質の向上に貢献しました。

液名
液卵
業界
食品

現状の課題および要望

現状、ホッパーに入れた液卵をバルブの開閉で焼成型に充填しているが、液切れが悪いので型の外に垂れた液卵がコゲてしまい、それが卵焼きに混入するとクレームになってしまう。

充填量とスピードが安定しないため、都度バルブの開度を調整しているが、熟練作業者の経験に頼らざるを得ない。焼成型が大きいと液卵の拡がりが悪く、焼きムラができる可能性があるため、できるだけ型全体に均一に拡げながら充填したい。


解決方法および改善メリット

液切れのよいヘイシンディスペンサーNVDL型を採用した。

  • 充填後の逆転動作で液を切り、液ダレを防ぐことで、コゲの発生を抑えることができた。
  • サーボモーターの制御だけで充填量・スピードを変更できるので、調整時間を大幅に短縮できた。
  • 分岐ノズルの採用により、大きな焼成型でも均一に充填できるようになり、焼きムラの懸念を払拭できた。

ヘイシンディスペンサーを使用した充填の説明図

ページの先頭へ