活用事例

ピザ生地にピザソースを液切れ良く多連塗布したケース

液切れのよいヘイシンディスペンサーで周囲を汚さず、生産性の向上に貢献しました。

液名
ピザソース
業界
食品

現状の課題および要望

既存の設備では液切れが悪く、塗布を終えてもピザソースが垂れ流しに近い状態になる。液ダレが自然に収まるのを待つしかないが、それでも完全には止まらない。

その状態でラインを動かさざるを得ないため、周辺環境を汚してしまい、逆に清掃のためラインを止めることもあり、予定通り生産できない。また、ソースもかなり無駄になっている。既存のラインを大がかりに改造することなく、これらの問題を解決したい。


解決方法および改善メリット

液切れの良いヘイシンディスペンサーNVDL型を、既存ラインに取り付けられるように設計・製作した。

  • 塗布後の逆転動作で瞬時に液を切るので、待機時間が不要で、生産速度を上げることができた。
  • 液ダレがないので、周囲を汚すことがなく、ムダな清掃作業を削減できた。
  • ソースの使用量も必要最小限にでき、歩留まりを向上できた。

ヘイシンディスペンサーを使用した充填の説明図

ページの先頭へ