活用事例

充填量のバラツキを解消し、製品の品質と歩留まりを向上させたケース

安定した充填精度で不良率を低減し、コストダウンに貢献しました。

液名
調味液入り豆腐
業界
食品

現状の課題および要望

コンベア上を2列で流れてくる容器に調味液入り豆腐を充填し、ヒートシールしてから裁断しているが、既存設備の充填精度が悪いため製品不良に繋がっている。

充填量が少ないと容器上部の隅に空気溜まりができてしまい、見映えも悪い。逆に多すぎてシール面に液体が付着すると、シール不良を起こすこともある。充填量を安定させ、不良率を低減し、コストダウンに繋げたい。


解決方法および改善メリット

充填精度の高いヘイシンディスペンサーNVDL型を採用した。

  • 優れた定量性と再現性により高精度充填が可能なので、充填量が安定し、空気溜まりやシール不良を改善できた。
  • 不良品の処理にかかっていた費用や労力も削減でき、生産性を向上できた。

ヘイシンディスペンサーを使用した充填の説明図

ページの先頭へ