活用事例

口紅をパレットへ液ダレなく、高精度充填したケース

段取り時間の短縮と残作業の削減によって、作業効率の向上に貢献しました。

液名
口紅
業界
化粧品

現状の課題および要望

6色の口紅をパレットに充填しているが、既存の設備では、

  • 液ダレが発生し、拭き取り作業が必要になる
  • 充填量の調整が難しく、時間がかかってしまう

という問題がある。


解決方法および改善メリット

ヘイシンディスペンサーNDL型6台と専用コントローラー1台を採用した。

  • 充填後の逆転動作で液ダレを防ぐことで、パレットを汚さずに済み、拭き取り作業が不要になった。
  • サーボモーターの制御だけで簡単に充填量を調整できるので、段取り時間を短縮できた。
  • シンプルな構造で分解・組立も簡単なので、清掃に必要な時間も短縮できた。

ヘイシンディスペンサーNDL型を使用した充填の説明図

ページの先頭へ