活用事例

事例紹介:電機・住宅建材業界

確実でロスのない塗布・充填を行うには、液体の安定的な定量吐出が必要です。ヘイシンディスペンサーは、独自の一軸偏心ネジ構造により、無脈動・連続定量吐出を実現。また、優れた流量コントロールにより、品質向上・ロス低減に貢献します。

封止・防水・絶縁材の定量塗布

確実な封止・防水・絶縁を行うには、材料を途切れなく定量塗布する必要があります。無脈動・定量吐出が可能なヘイシンディスペンサーなら、高精度で安定した塗布が可能です。また、必要最小限の塗布量を正確に吐出することで、材料のムダ使いを防止します。

電子基板にシリコーン樹脂を微量塗布

ヘイシンディスペンサー2台とスタティックミキサーを組み合わせることで、混合しながらの塗布・充填作業が可能です。主剤・硬化剤の吐出量を個別に制御できるので、正確な混合が可能で、混合比率の設定・変更も容易です。

作業が困難な箇所への自動塗布

平ノズルによる幅広塗布、分岐ノズルによる多連吐出、曲げニードルによる側面塗布など、作業効率向上を図れるノズルをご提案します。特殊ノズルの採用により、従来は作業が困難だった箇所への自動塗布も可能となります。

タッチパネルにUV樹脂を塗布

ロボットやコンベアなどとの連動が容易なため、移動速度に合わせた高速塗布にも対応できます。また液ダレ・液ダマリがないので、ワークや作業現場を汚さず、ライン清掃などのムダな作業を削減できます。

  • 蛍光灯にシリコーン樹脂を塗布
  • 電子基板にUV樹脂を塗布
  • 電子部品をエポキシ樹脂で封止
  • IC放熱板にシリコーングリースを塗布
  • 建材ボードの溝に水性塗料を塗布
  • アルミサッシにシール剤を塗布
  • FC用セパレーターにシール剤を塗布
  • ボード・角材などの大型ワークに高速塗布

ページの先頭へ