活用事例

事例紹介:化学業界

日常的に機器の洗浄が必要となる製造工程や、品種替えが多い生産ラインでは、構造がシンプルなヘイシンディスペンサーが活躍します。優れた定量性はそのままに、分解・組立が簡単に行えますので、作業時間の短縮にも貢献します。

シンプル構造で分解・洗浄が簡単

サニタリー仕様のヘイシンディスペンサーは、接液部からネジを排除することで洗浄性を向上したクリーン構造です。部品点数が少なく短時間での分解・洗浄が可能なので、作業効率の向上に貢献します。

残液量が少なく、原料ロスなし

ホッパー一体型ヘイシンディスペンサーは、残液量を極めて少なくすることができ、高価な原料もムダにすることがありません。また、高精度な定量吐出で歩留まりを向上させ、製造コストの低減に貢献します。

作業効率アップ、タクトタイム短縮

多連式充填システムは複数台のヘイシンディスペンサーを一体化した充填装置です。短時間に数多くの充填作業をこなすだけでなく、個別に充填量を変更することもできるので、作業効率の向上・作業時間の短縮に貢献します。

他機器との連動制御が容易

外部からの制御信号にも瞬時に応答できるので、コンベアや包装機などの他の機器と連動させることも容易です。生産ライン全体の自動化・省人化にも貢献します。


  • シリンジに金属ペーストを充填
  • 液体に含まれる気泡をつぶさずに充填
  • 保冷剤を液面追従しながら充填

ページの先頭へ